学習時間は捻出できる

資格試験に失敗した方たちから「学習時間を作れなかった」という声が、よく聞かれます。
確かに、資格試験の合否を左右するのが学習時間。
毎日こつこつと学習を継続できた人が、合格という栄光を手にすることが出来るのです。

しかし、特に社会人ならば毎日同じ時間に会社を退社することなど、公務員でもない限り、
極めて難しいもの。
また、業種によっては残業が多い方や半期や四半期毎に繁忙期が訪れるという方も
いることでしょう。
しかし、そんな多忙な社会人であれ、日々の学習時間を捻出することが可能なのです。
このページでは、多忙な方にこそ導入して欲しい、学習時間捻出テクニックを紹介します。

《多忙な人のための学習捻出法》

捻出法1:メインの学習は帰宅後でなく起床後に!
資格取得を目指す社会人の方の大半が、
仕事を終えた帰宅後の学習をメインにしていると思います。
しかし、帰宅後は仕事の疲れはもちろん、食事や入浴などの些事もあり、
なかなか集中して学習に取り組めません。そこで提案したいのが、起床後の学習です。
起床時間を1時間早めれば、その1時間は丸ごと学習時間に充てることが出来るばかりか、
起床後なら仕事の疲れもなく頭もすっきりしているため、
集中力や記憶力も向上するすること間違いなし。
また、出社時間という〝デッドライン〟が存在するため、帰宅後のようにダラダラとすることなく、
集中して学習することが可能なのです。

捻出法2:点在する〝スキ間時間〟を学習に充填!
どんなに多忙な方でも、行き帰りの通勤時間や昼休みは存在するはず。
そんな、1日の内に点在する〝スキ間時間〟を学習に充てましょう。
常にテキストを携帯しておけば、通勤で使用する電車やバスの中はもちろん、
昼食後に訪れる喫茶店などでも学習は可能。ひとつひとつは数十分と短いながら、
1日、1週間、1ヶ月と積み重ねれば、スキ間でも立派な学習時間となるのです!

捻出法3:追い込み期間は禁欲体制で!
本試験まで1ヶ月を切った追い込み期間は、一切の余暇活動を避け学習に邁進すべき。
多くの合格者たちも「追い込み期間が頑張りが合格につながった」とその経験を語っています。
人生を変えるかもしれないこの時期には、一切の欲求欲望を捨て、
学習に邁進し後悔しないよう頑張りましょう!


☆☆☆ 適切な学習環境作りを提案する講座はコチラ ☆☆☆