合格のための環境作り

独学同様、通信講座も自身で学習を進める個人学習。
となれば、メインの学習場所も自宅ということになるでしょう。
しかし、社会人はもちろん、現役の大学生であれ自室に学習専用のデスクがある方は
少ないのではないでしょうか。

それだけに、長きに渡る学習期間において学習環境の整備は効率的に学習を進める上で
重要な要素となります。
いつでも快適に学習できるよう、学習スペースを阻害要因のない快適な環境に
整えておく必要があるのです。

 

阻害要因を排除し資格と聴覚作用を活用する

まず、自身の部屋を見渡してみて下さい。
テレビやパソコンはもちろん、雑誌に漫画にゲーム機と学習を阻害する要素が、
あまりに多いことに気づくのではないでしょうか。
そこで提案したいのが、学習時間中は安易にテレビを着けパソコンを使用できないよう、
主電源から抜いておく。また、雑誌やゲーム機なども簡単に手に届く場所へと置かず、
押し入れなどに収納するなどすることで、
それら娯楽要素からの誘惑から逃れられることが可能です。

また、テレビやパソコン以上に学習を阻害するのが携帯電話の存在です。
これも、学習時間中は主電源を落とし、電話やメールを受信しても気づかないようにしておけば、
余計なことに時間を奪われる心配はありません。

ちなみに、静かすぎると逆に集中できないという人も以外と多いものです。
そんな方は、ラジオや音楽をBGMとして流してみてはどうでしょう。
しかし、自分の好きなアーティストや流行している曲、また、
ラジオも日本語でのトークが中心の番組は、
無意識でもそちらへ意識がいってしまうため避けた方がベター。
あくまでBGMとして聞き流せるものをチョイスした方がよいでしょう。

また、古典的な手法になりますが、学習の際、目の前の壁に「○○資格 1発合格!」などと
目標を記した紙を貼っておくのも効果的とされています。
学習による疲労や飽きにより集中力が切れ、モチベーションが上がらない時に
その目標を再認識することで、やる気が再燃すること多々があります。
よく、会社にも「前期比200%達成!」などと赤字で書かれた目標が貼られていることがありますが、それも社員のモチベーションを高く維持するためのものなのです。


☆☆☆ 適切な学習環境作りを提案する講座はコチラ ☆☆☆