通信講座選びのポイント

前ページで資格取得のための学習法は通信講座が適切であると判断しました。
しかし、通信講座も数多存在し有名だからと安易に選択するとあとで後悔することもあるようです。
そこで、このページでは後悔しないための通信講座選びを紹介したいと思います。

《後悔したいための通信講座選び》

POINT1:講座の合格率を確認せよ!
合格率が主催者発表の全国平均を下回るような講座を選ぶべきではありません。
各講座の合格率を比較し、高い合格率を実現する講座を選択しましょう。

POINT2:コストパフォーマンスを見極めよ!
ポイントは受講料の安さだけでなく、受講料と教材のバランスです。
比較的安価にもかかわらず、通信専門のメディア(CDやDVD)講義が標準付属するなど、
受講料以上の教材やカリキュラムを提供する講座を選びましょう。

POINT3:テキストの編集内容を比較せよ!
特に初学者が選んではいけないのが、出題範囲を網羅し文字が羅列された
旧来型の〝満点主義〟のテキスト。
選ぶべきは、出題傾向が反映しポイントが集約され、
カラーや図表が多用されわかりやすく編集された〝合格点主義〟のテキスト。
さらに、コンパクトサイズのテキストであれば携帯にストレスがなく、
自宅以外の外出先での学習に便利です。

POINT4:講義メディアが標準付属の講座を選択せよ!
資格学校同様に、プロ講師からの講義を受講できるCDやDVDの講義メディアは、
今や通信講座のスタンダード。とはいえ、オプションでの利用となる講座はいただけません。
基本講座に講義メディアが付属する講座を選びましょう。

POINT5:受講生本意のサポート体制か判断せよ!
学習形態としては独学と同様のため、通信講座でもっとも懸念されるのが学習途中の挫折です。
しかし、様々な学習テクニックをはじめ挫折を防止するノウハウを提供してくれる「学習ガイド本」があれば初心者であれ、無理なく学習を継続できるはず。
もちろん、無料の質問対応にも、十分な回数に対応しているか、また、
迅速に対応してくれるかなど慎重な検討が必要です。


☆☆☆ 適切な学習環境作りを提案する講座はコチラ ☆☆☆