何のために資格を取得するのか

今まで資格の種類や資格がもたらすメリットなどを述べてきました。
ご覧の皆さんの中には、早くも取得する資格を検討されている方もいるかと思います。
しかし、その前にひとつ確認しておくべき重要なことがあります。

それは、「何のために資格を取得するのか」ということ。つまり、あなたが資格を取得する意味です。実は資格取得を考えている方には「資格を取れば転職できる」や「資格を取れば正社員になれる」という認識の方が多く存在しているからなのです。
しかし、残念ながらこうした意識や考えで資格取得を目指しても、
その多くは学習途中で挫折するか、もしくは結果的にまったく意味のない資格を取得してしまい
〝活きた資格〟にならない方が多いのです。

それは何故でしょうか。資格を取得すること自体が目的となっている
〝資格ありき〟の意識となっているからです。
資格とは、まず前提として「○○業界で活躍したい!」や「○○として独立開業したい!」という
目的があってこそ取得を検討するものです。
前ページでも軽く触れたように、資格は目的を実現・達成するための手段であり、
資格が目的となってはいけません。

 

自分自身を客観視してみる

しかしながら、一方で「何をしたいのかわからないからこそ、
それを見つけるために資格を取りたいのだ」という方もいます。
しかし、資格を取得するための学習は想像以上に厳しいものです。
目的地が無いまま旅を続けることは不可能なように、
資格を取得した先にある目的やビジョンが無い限り、
モチベーションを維持し学習を続けることは極めて難しいと言わざるを得ません。

そこで提案したいのが、まず、客観的に自らを見つめ直すということです。やり方は簡単。
ノートに自分自身の要素を列挙するだけです。
今、自分が持っている経験とスキルをはじめ、好きなことや嫌いなこと。
そして、長所と短所、さらには自信を持って取り組めることなどをすべて書き出し、
自分自身を客観的な視点で眺め、自分がどういう人間であるのかを再認識してみましょう。

現時点での自分自身を客観的に見つめることで、自分がやりたいこと、そして、
それを達成するために足りないことが見えてくることも多いのです。
資格に何かを求めるのではなく、何故、自分がその資格を必要としているのか、
その本来の目的を明確にすることから始めましょう。


☆☆☆ 適切な学習環境作りを提案する講座はコチラ ☆☆☆