資格取得のメリット

資格取得を検討しているということは、資格を取得したことで得られるメリットがあるからに
他なりません。
つまり、資格とはスキルの向上や転職の実現といった目的を達成するための
手段であるといえるでしょう。

では、資格を取得したことで得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。
就職や転職、そしてスキルアップなど資格によりもたらされるメリットを、
それぞれのシーン別に検証してみたいと思います。

まずは、就職における資格のメリットを考えます。
まだ社会人経験の無い学生の場合、資格は取得そのものが意味を持ちます。
というのも、就職したい職種や業界が明確に決まっていて、
その業界にニーズのある資格を取得していた場合、
その学生の意志や試験に合格するモチベーションの高さに対する評価は、
資格の無い同レベル学生とは雲泥の差となります。
活躍したい業界が決まっているなら、就職活動と平行しニーズのある資格を
積極的に取得しましょう。

対して転職となると、資格の意味合いも異なります。
企業が中途採用者に求めるのは資格の有無よりも経験値。
転職時に資格をメリットとして機能させるなら、
その経験値をより魅力的に見せる付加価値として取得すべきなのです。
例えば、他業種の営業から不動産業界を目指すなら、
宅地建物取引主任者資格を取得することで活躍する意識の高さアピールでき、
その相乗効果で過去の営業経験がより魅力的に演出できいるというわけです。

 

業務独占資格で独立開業

資格取得を検討している方のなかには、
資格により独立開業を目指している方も多いのではないでしょうか。
となれば注目したいのが、「業務独占資格」です。
業務独占資格といえば、弁護士や医師など極めて難易度の高い資格ばかりと
思ってはいませんか? ならばその認識を改めた方が良いでしょう。

実は知識の無い初学者でも十分に取得可能な行政書士や社労士、そして、宅建も業務独占資格。そして、これらの資格は資格取得者でない限り行うことを禁止された独占業務を持つ、
独立開業に向いた資格といえるのです。

例えば人事で培った経験を活かし社労士資格を取得して独立するなど、
自身の経験とやりたい仕事がマッチすれば、資格による独立開業も夢ではないのです。


☆☆☆ 適切な学習環境作りを提案する講座はコチラ ☆☆☆