日本の資格とは

資格取得のための第一歩として、まずは、日本の資格にはどんな種類があり、
どのような特性を持っているのかを確認しておきましょう。
まず、日本国内には、現在、約3,000種類もの資格が存在しています。
しかし、それらすべてが就職や転職に機能する、または、キャリアップにつながるかといえば、
そうではありません。
ひとくちに資格といっても、認定機関が国か民間か、
または独占業務が存在するか否かなど内容や重要度により下記の通り分類されています。

《資格の種類と特性》

【国家資格】
その名の通り、法律に基づき国家が実施する試験などにより、
その知識や技能が規定基準に達していると認定され、
一定の行為を許可された資格のことを国家資格といいます。
なお、一部の資格のなかには、資格取得者でない限りその行為を行うことを許されない資格があり、それを「業務独占資格」といい、弁護士資格や医師資格などがそれに当たります。

  • 資格例:医師、弁護士、公認会計士、税理士、行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者、FP技能士、ITパスポートなど

【公的資格】
主に各省庁が認定した審査基準を基に、公益法人や地方自治体などの団体により
試験が実施され認定される。
国家試験ではないため独占業務などは存在しないが、
なかには合格者へ国家資格の受験資格が与えられたり、
受験料の免除を受けれる資格も存在する。

  • 資格例:簿記検定、英語技能検定(英検)、漢字能力検定(漢検)など

【民間資格】
民間企業や団体などが独自の審査基準を設け、任意でその能力や技能を認定する資格。
業界や団体単位のみで機能する資格が多く存在する一方、国際的にも認知、評価され
その能力を高く認められる資格も存在する。

  • 資格例:TOEIC、TOEFL、AFP、CFP、臨床心理士など

 

上記のとおり、現在、日本の資格は3種類に分類され、社会的認知や評価も異なるため、
自身が取得しようとする資格が機能する業務範囲や業界ニーズ、そして、
目標を実現するスキルが手に入るかなどを、
受験を決意する前には客観的な視点による十分な検討が必要となります。


☆☆☆ 適切な学習環境作りを提案する講座はコチラ ☆☆☆